» 顔のシワ・ほうれい線できる理由とは?美顔器等の改善方法を紹介 | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


顔のシワ・ほうれい線できる理由とは?美顔器等の改善方法を紹介

TOP > 顔のシワ・ほうれい線できる理由とは?美顔器等の改善方法を紹介

スキンケア

顔のしわ

「顔のシワができる原因とは?」、「顔を老けて見えさせるシワを改善するには?」と疑問をお持ちの方に向けて、顔のシワについて詳しく解説します。

目尻のシワやゴルゴライン、ほうれい線など、顔のシワが気になり始めたらケアを始めて、老化現象の対策をすることが大切です。

顔のシワの種類、顔のシワが目立つ原因、顔のシワを増やさないための予防方法、既にできてしまった顔のシワをケアする方法について説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

顔のシワは見た目を老けさせる?

顔を老けさせる要因は肌のたるみ、くすみ、シミなど様々ですが、中でも顔のシワは見た目年齢を大きく左右します。

ほうれい線やゴルゴライン、目尻のシワなどが目立つと、同じ年齢でも老けて見られることが多いのです。

「実年齢より老けて見られることが多い」という人は顔のシワが濃くなっていないか、一度鏡を見て確認しましょう。

顔のシワを改善するには、シワが目立ちやすくなる原因についてしっかりと理解して、正しいケアを行うことが大切です。

顔のシワの種類

顔にできるシワにはどのような種類があるのでしょうか?

表情ジワ

笑ったり、眉間に力を入れたり、表情が変化するときには顔にシワができます。

表情に癖があったり、同じ表情をずっと続けていたりすると、表情ジワができることがあるので注意が必要です。

私たちの顔には表情を作るときに使う表情筋が存在します。

表情筋の使い方が左右で偏りがあったり、筋肉が衰退していたりする場合、表情ジワができやすくなるのです。

表情ジワは目尻や眉間、おでこなどの場所にできやすくなっています。

乾燥ジワ

乾燥ジワは「ちりめんじわ」や「表皮ジワ」とも呼ばれることがあり、織物のちりめんのような顔のシワのことを指します。

目元、ほうれい線、口の周りは肌が乾燥しやすい場所です。

そのため、乾燥ジワはこれらの場所にできやすくなっています。

特に肌が乾燥しやすい人にできやすいシワで、年齢に関係なく見られることが多いので注意が必要です。

たるみジワ

たるみジワとは肌のたるみによって生じるシワの一種です。

「真皮ジワ」と呼ばれることも多く、肌の奥にある真皮のコラーゲンやエラスチンが減少することで、顔にシワができやすくなります。

たるみジワは線が深いシワであるため、一度たるみジワができてしまうと元に戻すのが難しいのも特徴的です。

ほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴラインはたるみジワの一種に挙げられます。

顔のシワが目立つ原因とは?

顔のシワが目立つようになる原因には何が考えられるでしょうか?

加齢

年齢を重ねるのにともなって顔にシワができやすくなります。

加齢は女性ホルモンの減少、乾燥、肌の弾力やハリの低下などを招きますが、様々な要因が複合的にシワを形成してしまうのです。

例えば、肌の水分保持力は年齢にともなって低下していきますが、これによって肌が乾燥しやすくなるだけでなく、肌の弾力やハリが損なわれやすい状態になります。

乾燥

肌が乾燥すると「乾燥ジワ」ができやすくなります。

乾燥肌の人や、保湿ケアを怠っている人は注意が必要です。

「スキンケアをちゃんと行っていない」、「肌が乾燥していると感じることが多い」という人は、スキンケア方法を改善することをおすすめします。

乾燥は顔のシワだけでなく、肌のバリア機能を低下させて、肌トラブルを引き起こしやすくなるため、保湿ケアを徹底することが大切です。

紫外線

肌が紫外線によるダメージを受けると、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが損なわれてしまいます。

コラーゲンやエラスチンは肌のハリや弾力を保つのに欠かせないタンパク質です。

肌のハリや弾力がなくなると、肌にたるみが生じやすくなります。

皮膚がたるむことによって、顔のシワが深くなってしまうのです。

「普段日焼け止めクリームを塗らない」、「屋外に長く滞在することが多い」という人は注意しましょう。

ホルモンバランス

ホルモンバランスは肌の状態に大きく影響します。

特にホルモンバランスが乱れやすい生理期や妊娠中は注意しましょう。

また、更年期には女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、肌が乾燥しやすくなり、老化現象を進行してしまいます。

過度なストレスもホルモンバランスを乱す原因となるため、仕事などでストレスを感じている人は改善が必要です。

生活習慣

老化現象を進行する「糖化」を引き起こしやすい生活習慣を送っている人はいませんか?

例えば、糖分を多く含む飲み物や食べ物をよく摂取する人や、アルコールの過剰摂取、運動不足、過度なストレスを感じるなどの習慣がある人は、体内で糖化が起きやすくなっています。

糖化が起きると肌の新陳代謝が低下してしまい、顔にシワができやすくなってしまうのです。

食事スピードや食べる順番に気をつけたり、食後に血糖値が上がらないように、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れたりして、糖化が起きにくくなるように対策しましょう。

顔のシワを増やさないための予防方法

顔のシワをこれ以上増やさないためには、どのように予防すればいいのでしょうか?

紫外線対策

紫外線は肌のたるみやハリを保つのに欠かせないコラーゲンやエラスチンを壊す原因です。

外出する際は紫外線対策を徹底するようにしましょう。

紫外線は季節や天気を問わず、年中放出されています。

日焼け止めクリームを塗ったり、長袖の服を着たりして紫外線対策をすることが大切です。

スポーツなどで屋外に長時間いる場合は、日焼け止めクリームを塗り直すなどして工夫する必要があります。

表情筋のトレーニング

たるみによってできる顔のシワを防ぐために、表情筋のトレーニングを行うようにしましょう。

表情筋が衰退するとたるみによってシワが目立つようになりますが、普段から表情筋のトレーニングを行うことで、たるみが生じにくくなります。

「あいうえお」と口を大きく開けてトレーニングしたり、舌で頬の裏側の部分を押したり、身体をトレーニングするのと同じように、表情筋もトレーニングすることが大切です。

既にできてしまった顔のシワをケアする方法

既にできてしまったシワにはどのようにアプローチすればいいのでしょうか?

マッサージ

マッサージでたるんでしまった皮膚をケアしましょう。

お風呂に入った後に体が温まっている状態でマッサージをすると効果的です。

美容液やジェルを使用して、肌を傷つけないように優しくマッサージしましょう。

間違った方法でマッサージをすると、乾燥しやすくなったり、トラブルを起こしやすくなったりします。

眉間の周りのシワに効果的なマッサージ

シワがよりやすい眉間のマッサージを行う際は、額の皮膚を抑えながら眉間をマッサージすると良いでしょう。

まず、人差し指と中指を額に置いて、上に引っ張るようにします。

次に反対の手を眉間に置いて、左右にスライドするようにしてください。

この動きを10回程度繰り返しましょう。

ほうれい線に効果的なマッサージ

老け顔に見せる大きな要因であるほうれい線はマッサージをすることで改善されることがあります。

ほうれい線を解消するには、頰骨の下に並ぶ靭帯であるリガメントをほぐすのが効果的です。

頬骨の下に親指を置いて、小鼻の隣からフェイスラインに向けてゆっくりプッシュしていきましょう。

1箇所につき3秒程度、適度な力で押してください。

美容外科

即効性のあるほうれい線の改善を目指したい人の中には、美容外科で治療を受ける人も多く存在します。

メスを使わないでも、ヒアルロン酸の注射や、ピーリング、糸による治療が挙げられますが、それぞれの療法のメリットをしっかりと理解して、担当医と相談することが大切です。

しかし、一時的な効果である場合、高額な治療費を継続的に支払わなければいけないことになってしまうため、将来的にかかるコストについても治療前にしっかりと把握しておきましょう。

エステサロン

エステサロンで本格的なマッサージを受けることで、顔のシワを改善することができます。

専門家による施術が受けられるため、セルフケアでは得られない効果を実感できるでしょう。

しかし、美容外科での治療に比べると即効性は高くなく、ケアを継続することが大切です。

エステサロンのマッサージによって肌トラブルが引き起こされる可能性は非常に低く、スキンケアや肌の悩みに関しても相談できるのがメリットに挙げられるでしょう。

セルフケアよりもコストがかかるので、コストパフォーマンスの良い施術を受けることをおすすめします。

美顔器

顔のシワを家で改善するアイテムとして、美顔器は高い人気を集めています。

美顔器には様々な種類があり、製品ごとに搭載されている機能は異なりますが、顔のシワを改善したい場合はEMSや超音波機能を持つ美顔器を選びましょう。

EMSは電気によって肌に刺激を与えることで、筋肉に働きかける機能です。

超音波は皮膚内に熱を加えることで、コラーゲンの生成を促し、たるみの改善が期待できる機能です。

複数の機能を兼ね備えた多機能美顔器も多く販売されているので、改善したい悩みを照らし合わせてアイテムを選ぶことが大切です。

美容液

美容液はスキンケアの質を高めるアイテムで、効率的にセルフケアを行えます。

美容液は乾燥によってできた顔のシワを改善するのにおすすめで、保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう。

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などが保湿成分に挙げられます。

美容液は化粧水で肌の状態を調整した後に使用するのがおすすめです。

美容液を使用した後は肌に蓋を被せるように乳液でカバーするようにしましょう。

まとめ

今回の記事では「顔のシワが目立つようになる原因とは?」「顔のシワを改善するにはどうすればいい?」と疑問をお持ちの方に向けて、顔のシワについて詳しく解説しました。

ほうれい線やマリオネットラインなどの顔のシワは見た目を老けさせる要因の一つです。

顔のシワには乾燥ジワ、たるみジワ、表情ジワに分けられますが、それぞれ乾燥、たるみ、表情筋の衰退などによってシワが引き起こされます。

他にも女性ホルモンの低下や、生活習慣の乱れによってシワができるため、注意が必要です。

顔のシワをこれ以上増やさないためには、紫外線対策を徹底し、表情筋のトレーニングを継続して行うことが求められます

既にできてしまったシワをケアするには、マッサージや美容液でのケアが効果的です。

また、EMSや超音波機能を持つ美顔器は、顔のシワ改善にとても効果的です。

ぜひ、本格的にシワ改善を考えている方は、購入を検討してみてください。

 




カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

イベント

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

商品開発部

最高のビタミンC美容液開発部

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物