» 目の下のたるみはなぜできるの?たるみの原因やたるみを防ぐ方法を紹介! | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


目の下のたるみはなぜできるの?たるみの原因やたるみを防ぐ方法を紹介!

TOP > 目の下のたるみはなぜできるの?たるみの原因やたるみを防ぐ方法を紹介!

スキンケア

肌 (4)-min
多くの女性を悩ませる目の下のたるみ。目の下にたるみがあることで、老けてみられるだけでなく、不健康な印象を持たれてしまったり、疲れているように見えてしまったりします。

最近では20代や30代の人が目の下のたるみに悩むことも珍しくありません。そんなたるみを防ぐためには早い段階で目元をケアすることが大切です。

そこでこの記事では目の下にたるみができる原因と、たるみを防ぐための具体的な対策を紹介していきます。

目の下にたるみが出てくる原因

加齢

はじめに考えられるたるみの原因は加齢です。目の下のたるみには筋肉の減少と肌の弾力性が大きく関係しています。

目の下にたるみがない状態というのは、目の周りの脂肪組織が筋肉によって支えられている状態です。

年を重ねることで目の周りの筋肉が衰え、コラーゲンの減少によって肌のハリも失われていくため、目の周りの脂肪組織の支えが弱まり、たるみが生じてしまいます。

加齢を止めることはできませんが、目のストレッチを行うことで目の周りの筋肉の衰えを遅らせたり 、スキンケアに気を付けたりすることで肌のハリもある程度は保つことができ、たるみの予防につながります。

肌へのダメージ

肌へのダメージは肌の弾力性を低下させる大きな原因の1つです。他の箇所と比べて目の周りの筋肉はとても薄いため、少しの刺激で大きなダメージを与えてしまいます。

肌へダメージを与える要因には、摩擦や紫外線、睡眠不足など、様々なものがあります。

摩擦

私たちは日々意識せずとも目の周りに摩擦を与えています。

例えば、メイクを落とす際にアイメイクをしっかり落とそうと、強く目をこすってしまう人はいませんか?

目がかゆいときや眠い時など、ついつい強く目をこすったりしてしまいがちですが、そうすることで目の周りの皮膚や筋肉が引き延ばされ、目の下のたるみにつながります。

紫外線

肌は紫外線に弱いため、日々浴びる紫外線も肌への大きなダメージとなります。

目の周りというのはついつい紫外線対策を忘れてしまいがちな箇所ですが、それがたるみにつながります。

睡眠不足

睡眠不足も肌へのダメージを与える原因の1つです。睡眠が不足すると目の周りに老廃物が溜まりやすくなり、目の周りの血流が滞ります。

それによって筋肉の疲労がたまっていき、結果的にたるみが生じます。

眼精疲労

眼精疲労も目の下のたるみの原因の1つです。なぜなら目を酷使することで目の周りが凝り固まってしまうからです。

目の周りの凝りは血流の悪化を引き起こし、それが原因で目の周りがむくんでたるみが生じてしまいます。

普段から長時間スマートフォンを使用したり、パソコンの画面を見続けたりする人は多いと思いますが、それらの行為が結果的にたるみを生じさせている可能性があります。

目の下のたるみを防ぐためにできること

マッサージ

マッサージは目の下のたるみを防ぐために自分でできる方法の1つです。どれも簡単なマッサージなので日常的に取り入れてみてください。

目の周りのマッサージ

目の周りのツボを刺激することで眼精疲労が軽減されます。

目の周りには多くのツボがありますが、眼精疲労に効く代表的なツボは「目頭の内側(太陽)」、「眉頭の少し下(攅竹)」、「眉尻の外側(絲竹空)」、「眉毛の真ん中(魚腰)」、「黒目の下(承泣)」の6つです。

これらのツボを優しく刺激するようにしましょう。

眼輪筋のエクササイズ

目の下のたるみは、目の周りの筋肉の衰えが原因の1つなので、眼輪筋を鍛えることでたるみを防止できます。

ここでは簡単な眼輪筋のエクササイズを紹介します。

1. 上まぶたの中心を優しく上に引き上げます。

2. 上まぶたが動かないように注意しながら、下まぶたを引き上げて目を閉じます。

3. そのまま5秒間キープします。

4. ゆっくり目を開きます。

肌の調子を整える

スキンケアを見直す

肌へのダメージを軽減することで、肌の弾力性を保つことができます。まずは日々のスキンケアを見直してみましょう。

まず、目の下のたるみを防ぐためにはコラーゲンやヒアルロン酸の生成が欠かせません。

これらの成分に注目してスキンケア用品を選ぶことで肌のハリを保つことができます。また、乾燥肌の人は保湿成分が多く含まれたものを選ぶと良いでしょう。

日々の生活習慣を改善する

スキンケアだけでなく、日々の生活習慣も肌の調子を整えるためには大切なことです。睡眠時間をしっかりと確保し、食事にも気を遣いましょう。

肌の調子を整える栄養成分としては、肌のハリを保つために必須のタンパク質や、コラーゲンの生成を助けるビタミンC、細胞の働きを正常化させるビタミンAなどがあります。

ビタミンAやビタミンCは紫外線対策としても効果的です。野菜や果物にはこれらの成分が多く含まれているものがたくさんあるので、栄養バランスがとれた食事を心がけるようにしましょう。

目の下のたるみを防ぐために効果的な美容グッズ

さらに確実に目の下のたるみを防ぎたい人には、美容グッズを使うことをおすすめします。

中でも今回は、高い美容効果を期待できる美顔器について紹介します。

美顔器のメリット

美顔器を使用することで日々のマッサージやスキンケアの効果を高めることができます。

多くの肌トラブルに対して総合的な効果が期待できる ため、自宅で本格的なケアを行いたい人にはぴったりの美容グッズです。

エステよりも手頃な価格で購入できる上、自分の好きな時間に使用することができるので、エステに行く時間がない人も気軽なケアができます。

また、美顔器には様々な種類があるので、自分の悩みに合ったものを選ぶことが可能です。さらに、美顔器の適度な刺激はリラックス効果に繋がります。

中にはアロマが搭載されている美顔器もあるので、自宅で肌ケアを行いながらリラックスタイムを過ごすことができます。

美顔器の効果的な使い方

美顔器を使う際には正しい使い方をすることが大切です。せっかく美顔器を使用しても間違った使い方をしてしまうと効果を最大限発揮させることができないからです。

ここからは美顔器を正しく使用するためのポイントを説明していきます。

定期的な使用

美顔器の効果を出すためには、定期的に使用することが大切です。場合によっては効果が出るまでに時間がかかる可能性がありますが、継続して使用することで確実に変化が表れます。

日々のスキンケアの時間に美顔器を使用する時間を組み込めば、無理なく続けることができます。

使用する時間

使用するタイミングとしては、お風呂上りが最も効果的です。

お風呂上りは肌が柔らかくなっていて血流が良くなっているため、スキンケア用品の浸透力が高まり、効果を向上さるうことができます。

また、お風呂上りは多くの人がスキンケアを行う時間なので、そのタイミングに美顔器を使用することで忘れずにケアを行うことができます。

美顔器の選び方

美顔器には様々な種類がありますが、自分に合った美顔器を選ぶようにしましょう。

例えば、乾燥が気になる人は化粧水や美容液が浸透しやすくなる機能が搭載されているものを選ぶ、エイジングケアをしたい人は肌にハリを与える効果がある赤色LEDを肌に当てるタイプの美顔器を選ぶ、など自分の悩みに合った機能が搭載されているものを選ぶと効果的にケアを行うことができます。

おすすめ美顔器の紹介

先ほど説明した通り、たるみには肌の弾力性が大きく関係しているため、たるみを予防、解消するためには目の周りの肌の調子を整え、ハリを与えることが大切です。

そこでおすすめするのがEBiSの家庭用美顔器『ツインエレナイザー プレミアム』です。この美顔器にはたるみを予防するために必要な機能が多く搭載されています。

具体的な機能

高周波、超音波、温感ケアを行うトリプルパワーによって目の周りのマッサージを効果的に行うことができます。

超音波とイオントリートメントを行うツイン導入ではマッサージを行いながら肌の調子を整えることも可能です。

また、肌のキメを整えるクールモードや、美容成分をすみずみまで送り届ける肌弾力センサーなど、たるみ予防に必須な肌のハリを手に入れるための機能も充実しています。

購入方法

EBiSの公式サイトで購入すると、美顔器本体に加え、目の周りのたるみを防ぐためのスキンケアグッズをセットで購入できます。

セットとして購入できるビタミンC美容液や植物性コラーゲン原液、化粧水などを美顔器と一緒に使用すれば、より効果的にたるみを防ぐことができます。

まとめ

目の下のたるみには老化だけでなく様々な原因があります。現在たるみに悩んでいる人は、まずは自分のたるみの原因が何かを考え、普段のスキンケアや生活習慣を見直すことが大切です。

自分でのマッサージやスキンケアに不安がある人も、美顔器を利用すればたるみの予防を効果的に行うことができます。

自分に合った対策を見つけて早めのケアを行い、健康的で若々しい肌を手に入れましょう。




カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

イベント

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

商品開発部

最高のビタミンC美容液開発部

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物