» 肌の黒ずみを治すには?原因や治す方法を徹底解説します! | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


肌の黒ずみを治すには?原因や治す方法を徹底解説します!

TOP > 肌の黒ずみを治すには?原因や治す方法を徹底解説します!

スキンケア

「肌の黒ずみが起きる原因とは?」「肌の黒ずみを改善する方法とは?」と疑問をお持ちの方に向けて、肌の黒ずみについて紹介します。

肌の黒ずみはワキ、ヒジ、ヒザ、顔など様々な場所に見られる現象です。

肌の黒ずみが引き起こされる原因をしっかりと理解して、透明感のある肌を目指しましょう。

肌の黒ずみの原因、肌の黒ずみが見られやすい場所、肌の黒ずみを治す方法について説明します。

肌の黒ずみは色素沈着が原因って本当?

女性 (2)

肌の黒ずみの正体は一体何でしょうか?

肌の黒ずみとは

黒ずみの正体は「色素沈着」です。

ワキの下やヒジ、ヒザなど全身に見られる症状で、悩んでいる人が多く存在します。

色素沈着によって生じる肌の黒ずみはどのようにケアをすればいいのでしょうか?

まず、色素沈着が起きるメカニズムについて知って、黒ずみ対策をすることが大切です。

色素沈着とは

色素沈着とはメラニン色素が過剰に分泌されることによって起きる現象です。

メラニン色素は摩擦、紫外線、ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因によって発生します。

メラニン色素は日常的に発生していますが、肌のターンオーバーによって排出されるシステムです。

ストレスや肌トラブルによって、このターンオーバーの周期が乱れてしまうと、メラニン色素が正常に排出されず、皮膚内に溜まっていってしまいます。

このように溜まったメラニン色素が黒ずみとなって肌に現れるのです。

肌の黒ずみが見られやすい場所とは

フェイスライン (3)
肌が黒ずみやすい場所はどの辺りがご存知でしょうか?

ワキ

ワキは衣服による摩擦を受けやすい場所です。

また、カミソリや毛抜きなどで脱毛を行う際に傷つきやすく、ダメージによる黒ずみを引き起こしやすくなっています。

ワキがチラッと見えた時に黒ずんでいないか気になってしまい、ノースリーブが着られないという人も多いのではないでしょうか?

さらに、制汗剤によってもワキが黒ずんでしまうことがあります。

制汗剤が毛穴を詰まらせてしまう可能性があるためです。

ヒジ・ヒザ

立ち上がったりするときにヒザを使ったり、机にヒジをついたりするなど、ヒジ・ヒザは摩擦によるダメージを受けやすい部分です。

電車やカフェで座ったとき、ヒザは目につきやすいだけでなく、ヒジの黒ずみが気になる人は腕を出すファッションを心から楽しめないという人も多く存在します。

スポーツなどで怪我をすることが多かった人も、黒ずみが気になりやすいようです。

デリケートゾーン

デリケートゾーンはアンダーウェアや生理用ナプキン、トイレットペッパーなどの擦れによって黒ずみやすい場所です。

特に、妊娠中の女性はエストロゲンとプロゲステロンの分泌がされやすく、これらの成分によってメラニン色素の分泌が促されることがあります。

デリケートゾーンは傷つきやすい繊細な場所ですが、自分でムダ毛処理をしている人は、皮膚を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。

顔が黒ずんでいると、元気のない、暗い印象を相手に与えてしまいます。

顔の黒ずみを引き起こす主な原因は「毛穴」のトラブルです。

過剰に分泌された皮脂と汚れや混ざってできる角栓が酸化すると、毛穴が黒ずんでしまいます。

毛穴の汚れを改善しようと、洗顔時に顔を強く擦ったり、タオルでゴシゴシ拭いたりすると、黒ずみが悪化するので注意しましょう。

肌の黒ずみを引き起こす原因

simi (2)
肌の黒ずみを引き起こす原因を改めて紹介します。

外的な刺激

肌はダメージを受けるとメラノサイトが刺激を受けて、メラニン色素が分泌されます。

乾燥や摩擦、紫外線など、様々な要因が存在し、外的な刺激を完全に防ぐことは極めて難しいです。

黒ずみを引き起こさないように、このような外的な刺激が加わらないように私生活から意識する必要があります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは「肌の生まれ変わり」のことを指します。

肌が新しく生まれ変わることによって、皮膚内のメラニンが外に排出されますが、ターンオーバーの周期が乱れてしまうと、上手く排出されずに、細胞内にメラニン色素が溜まってしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因は様々ですが、加齢、乾燥、ホルモンバランス、睡眠不足、栄養不足などがあげられます。

スキンケアが間違っていても、ターンオーバーの乱れを引き起こすことがあるので注意が必要です。

ストレス

ストレスが溜まっていると、肌の黒ずみが悪化する恐れがあります。

「肌は心の状態を映す鏡」と言われているように、肌はストレスの影響を受けやすい場所です。

ストレスを感じると生じる「CRH(コルチコトロピン放出ホルモン)」は炎症を引き起こしたり、メラノサイトを活性化させたりする恐れがあります。

黒ずみだけでなく、ニキビ、アトピー性皮膚炎、じんましんなどの要因になるため、ストレスを溜め込まないように、ストレス発散することが大切です。

肌の黒ずみを治す方法

poinnto (1)
肌の黒ずみを改善するにはどうすればいいのでしょうか?

紫外線対策

紫外線は肌にダメージを与えるため、紫外線対策を徹底することが大切です。

外出する際は日焼け止めクリームをこまめに塗るなどUVケアをするようにしてください。

その他にも、帽子、長袖、日傘などのアイテムを使用するなど工夫しましょう。

スポーツなどで屋外に滞在する時間が長い人は、日焼け止めクリームを塗り直すことをおすすめします。

正しいスキンケア

スキンケアを正しく行うことは肌の黒ずみを改善する上で重要です。

クレンジングを行う際は肌を擦らないように気をつけましょう

洗顔を行った後は肌が乾燥しやすくなるため、すぐにスキンケアを行うことが大切です。

化粧水でまずは肌の状態を整えてから、乳液を使用して保湿を閉じ込めてください。

規則正しい生活習慣

睡眠不足や栄養不足は、肌のターンオーバーを乱す原因となります。

規則正しい生活を心がけることが大切です。

人間は睡眠中に成長ホルモンが分泌されますが、睡眠時間が不足していると十分な成長ホルモンが分泌されません

健康的な肌を作り出すためには、栄養バランスの取れた食事をする必要があります。

また、適度な運動は肌のターンオーバーを機能させるのに効果的です。

摩擦によるダメージ改善

摩擦による肌へのダメージを軽減するため、ナイロンタオル、スポンジ、ブラシなどの使用を避けるようにしてください。

洗顔時に顔をタオルでゴシゴシと擦っている人は注意が必要です。

肌にかゆみが発生した際は刺激を与えないように、皮膚科で外用薬をもらうなどして対処しましょう。

肌の黒ずみに効果的な美容液

肌の黒ずみがなかなか改善されない人は、スキンケアに美容液を取り入れることをおすすめします

美容液には美容成分が含まれており、集中的に肌の悩みを改善するのに効果的です。

メラニンの生成を抑制する働きのあるビタミンCの効果を引き出す、ビタミンC誘導体配合の美容液など、様々な種類の製品が販売されています。

美白効果の高いものや、保湿ケアに最適なものなど、黒ずみが発生する原因にしっかりとアプローチできるものを選びましょう。

まとめ

黒ずみ
今回の記事では「肌の黒ずみを改善するにはどうすればいいの?」「肌の黒ずみを引き起こす原因とは?」と疑問をお持ちの方に向けて、肌の黒ずみについて紹介しました。

肌の黒ずみの正体は乾燥、日焼け、外部刺激などによって起こされる色素沈着です。

色素沈着による黒ずみを改善するには紫外線対策、生活習慣の見直し、正しいスキンケアを行うなどしてケアを行っていきましょう。

美容液は集中的に黒ずみをケアできるので、なかなか状態が改善されないという人はぜひスキンケアに取り入れてみてください。




カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

イベント

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

商品開発部

最高のビタミンC美容液開発部

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物