» クマの原因を種類別に紹介!消し方も徹底解説します | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


クマの原因を種類別に紹介!消し方も徹底解説します

TOP > クマの原因を種類別に紹介!消し方も徹底解説します

スキンケア

「クマができるのはどうして?」「クマにはどのような種類があるの?」と疑問をお持ちの方に向けて、クマについて解説します。

クマは種類によって発生する原因が異なるため、まずは自分のクマがどの種類のクマか確認することが大切です。

マッサージや表情筋エクササイズなどクマの改善方法についても合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

▪️クマの種類

▪️クマの原因とは

▪️クマの消し方

▪️まとめ

クマの種類

poni-te-ru
クマにはどのような種類があるのでしょうか?

青クマ

青クマとは目の下が青黒く見えるクマです。

マッサージを行った後や、お風呂に入ったときにクマが目立たなくなるという人は青クマの可能性が高いと言えるでしょう。

下まぶたの毛細血管がうっ血するときに青クマが現れます。

茶クマ

茶クマとはメラニンによって色素沈着を起こした場合に見られるクマのことです。

目元を軽く引っ張ったときにクマの部分も一緒に動くようだったら、皮膚内のメラニン色素が原因と考えられます。

普段、目の下を擦る癖がある人は、茶クマができる可能性が高いので注意が必要です。

黒クマ

黒クマとは皮膚のたるみによって出来た影によって、目の下が暗く見える現象です。

身体を仰向けにしたり、上を向いたりしたときにクマが目立たなくなるようだったら、黒クマである可能性が高いでしょう。

目の下以外にも全体的に皮膚のたるみが気になる人は、肌のたるみが低下しているかもしれません。

クマの原因とは

女性
クマの原因には何が考えられるでしょうか?

青クマの原因

青クマは血行不良や睡眠不足、目の疲れによって生じます。

目元の皮膚は比較的薄いため、血行不良のときに青っぽくなり目立ちやすいのです。

ストレス、運動不足、不規則な食生活など、血行不良を引き起こすのに様々な要因が挙げられます。

足元が冷えやすい人や、むくみ、肩こり、腰痛などで悩んでいる人は血行不良の可能性が高いです。

茶クマの原因

茶クマの原因として「色素沈着」が考えられます。

目元を強く擦ったり、クレンジングや洗顔時にゴシゴシと触ったりすることで、肌にダメージが加わり、メラニン色素が分泌されて色素沈着を引き起こすのです。

目にかゆみが生じたときに、すぐに掻いてしまう人などは注意する必要があります。

黒クマの原因

黒クマは皮膚のたるみによって出来た影が目の下にできることで生じるクマです。

加齢や紫外線によるダメージで、肌の水分が損なわれ、ハリが失われると黒クマが出来やすくなります。

さらに、肌のハリが失われることで「眼窩(がんか)脂肪」が押し出され、目の下に影が出来やすくなるのも一因です。

クマの消し方

good (1)

青クマの消し方

血行不良や疲れによって出来た青クマを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

身体を温める

血行不良によって青クマが生じるため、身体を温めて血行を促進しましょう。

身体を冷やさないように衣服で体温感を調節したり、お風呂に入って温まったりしてください。

積極的に運動をするのも、身体の基礎代謝を上げるために重要です。

ウォーキングやジョギングなど、軽い運動を定期的に行いましょう。

カシス含まれるポリフェノールを摂取

カシスに含まれるポリフェノール「アントシアニン」は血流を改善する成分です。

このアントシアニンは即効性もあるため、すぐにクマを改善したい人はカシスを摂取するようにしましょう。

カシスはストロベリーやブルーベリーなどの一種で、ジャムやフルーツソースにして食べるのがおすすめです。

マッサージ

「目元はデリケートな部分なのにマッサージして大丈夫なの?」と疑問を持つ人も多くいますが、優しくマッサージを行えば青クマの解消に役立ちます。

目の周りのツボを押して血行を促進しましょう。

また、耳の前後を指で挟み、円を描くように押すとリンパを流すのに効果的です。

こめかみのあたりから鎖骨まで撫で下ろすようにマッサージするのも、老廃物を流すのに効果があります。

茶クマの消し方

色素沈着によってできる茶クマはどのように消せばいいのでしょうか?

保湿ケア

ターンオーバーを正常に機能させるために、保湿ケアを行うことが大切です。

肌が乾燥しているとターンオーバーが正常に行われません。

ターンオーバーによって皮膚内に溜まったメラニン色素が排出されます。

アイケア用のクリームなども販売されているため、保湿効果の高いケアグッズを選びましょう。

ビタミンC摂取

ビタミンCはメラニンの生成を抑制し、色素沈着を防ぐ働きがあります。

レモン、アセロラ、キウイフルーツなどに多くビタミンCが含まれているので、フルーツなどでビタミンCを摂取するのがおすすめです。

また、ビタミンC誘導体が配合されたアイクリームや美容液なども有効活用しましょう。

紫外線対策

紫外線対策はメラニン色素を増加させないために重要です。

日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被ったりしてUV対策を行いましょう。

日焼け止めクリームを使用する際は目に入らないように十分注意してください。

黒クマの消し方

黒クマを消すにはどうすればいいのでしょうか?

表情筋トレーニング

黒クマは肌のたるみによって生じるクマです。

表情筋トレーニングを行うことで、肌のたるみを改善することができます。

目をぎゅっと閉じた後に、思いっきり目を見開く動作を繰り返しましょう。

目の周りの筋肉を鍛えることでたるみ防止に繋がります。

まとめ

hada (7)
今回の記事では「クマの原因とは?」「クマにはどのような種類があるの?」と疑問をお持ちの方に向けて、クマについて詳しく解説しました。

クマには青クマ、茶クマ、黒クマの3種類に大きく分けられ、それぞれクマが生じる原因が異なります。

まずは自分のクマがどのタイプのクマであるか確認してみましょう。

マッサージ、保湿ケア、表情筋エクササイズなど、クマに対するケアを行うことが大切です。




カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

イベント

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

商品開発部

最高のビタミンC美容液開発部

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物