» 肌年齢の測定基準とは?年齢による肌の変化、若々しい肌を保つための方法 | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


肌年齢の測定基準とは?年齢による肌の変化、若々しい肌を保つための方法

TOP > 肌年齢の測定基準とは?年齢による肌の変化、若々しい肌を保つための方法

スキンケア

肌年齢の測定基準とは?年齢による肌の変化、若々しい肌を保つための方法

「肌年齢の測定基準とは?」「肌年齢を下げるためにはどうすればいいの?」と疑問をお持ちの方に向けて、肌年齢について詳しく説明します。

肌年齢とは実年齢ではなく、肌の状態を年齢化した指標です。

肌年齢の低い肌はハリや弾力のあるもっちりとした肌になります。

肌の老化を促進する原因や肌年齢を下げる方法を紹介しますので、肌質の変化に合わせたケアを始めてみましょう。

肌年齢の測定基準とは

肌年齢の測定基準を紹介します。

水分量

健康的な肌の水分量は20~30%といわれていますが、加齢にとともに肌の水分量は減少していきます。

これはヒアルロン酸セラミドといった、肌の潤いを保つ役割のある成分が損なわれてしまうためです。

さらに、肌が乾燥すると、肌の水分を守る役割のあるバリア機能が低下します。

バリア機能が低下していると肌内部の水分が外部に放出されやすくなるのです。

油分量

10代や20代は肌の油分量が多く、肌のテカリやニキビで悩んでいる人が多い一方で、年齢を重ねると油分量が減少していくため、乾燥肌になる人が多くなる傾向があります。

そのため、肌質の変化に合わせたスキンケアを行うことが大切です。

肌の油分量が少ない人は、セラミドやヒアルロン酸が配合された保湿効果の高い化粧水や、保湿を持続させる美容液などを使用して対応する必要があります。

メラニン量

紫外線や乾燥におるダメージでメラニンは蓄積していくので、年齢を重ねると共にメラニン量は増加していきます。

「普段から日焼け止めを使用しない」「屋外でスポーツをしている」という人はメラニン量が多く表示される可能性が高いでしょう。

シミやくすみが気になる方も、メラニンが肌のターンオーバーによって排出しきれずに、肌に貯蓄されている状態です。

肌の弾力

肌の弾力を保つために欠かせない成分であるエラスチンやコラーゲンは、加齢とともに損なわれていきます。

赤ちゃんの肌がもっちりしているのは、これらの成分がたっぷり細胞にあるためです。

肌を触った時に押し返すような感覚がある場合、弾力がある肌と言えますが、カサつきやごわつきが見られる場合は弾力が損なわれている状態になります。

年齢による肌の変化

年齢によって肌質は大きく変化します。

それぞれの年代に見られやすい傾向を紹介します。

20代の肌

20代は皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴の開きが気になる人が多いです。

「メイクをしても夕方にはテカリが目立つ」「ポツポツとした毛穴が気になる」などの悩みが挙げられます。

さらに、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって角栓が形成され、ニキビの原因となるため注意が必要です。

20代後半からは肌の乾燥が気になり始めますが、乾燥によってターンオーバーが乱れると大人ニキビが発生しやすくなるのでケアを徹底するようにしましょう。

30代の肌

30代になると肌の弾力やハリの低下が気になり始めます。

肌のハリや弾力は皮膚内にあるエラスチンやコラーゲンといった成分によって保たれています。

エラスチンコラーゲンが加齢によって減少すると、肌にたるみが生じてしまいます。

たるみは顔を老けさせる大きな要因であるため、たるみが気になったらエイジングケアを始めることをおすすめします。

美容液によって保湿成分を補って、マッサージで肌のたるみの解消を目指しましょう。

40代の肌

40代の肌はシワやシミが見られるのが特徴的です。

ターンオーバーの機能が低下しているため、メラニンが排出されずに貯蓄していきます。

そのため、40代になるとくすみやシミが見られやすくなるのです。

また、肌にたるみが生じることで皮膚が重なり、シワができてしまいます。

メラニンの生成を抑制するビタミンCの配合された美容液や、効率的にエイジングケアを行える美顔器などを使用して、ケアの質を高めることが大切です。

50代の肌

50代は更年期を迎える年代です。

更年期にさしかかると、肌はホルモンバランスの影響を受けやすくなります。

皮脂の分泌量が急激に減少してバリア機能も低下してしまうなど、敏感肌になってしまう人も多いです。

ストレスによる肌トラブルも増えやすいため、スキンケアと併せてメンタルヘルスのケアも行うことをおすすめします。

ウォーキングやストレッチなど軽い運動を取り入れたり、ストレス発散方法を見つけたりして対策していきましょう。

肌年齢を上げる原因

肌年齢が高く表示されるのはどうしてでしょうか?

紫外線対策をしない

普段から日焼け止めクリームを使用しないという人は、メラニン量が通常よりも高く計測されます。

メラニン量が多いと肌年齢が高く表示されるため、心当たりがある人は紫外線対策を徹底することが大切です。

日焼け止めを一度塗ったとしても屋外に長く滞在する場合は、こまめに塗り直す必要があります。

スマートフォンの使いすぎ

スマートフォンの使いすぎは肌年齢を引き上げる原因になっていることを知っていましたか?

今やスマートフォンは私たちの生活に欠かせない必需ツールとなっていますが、スマートフォンを長時間見ていると姿勢が崩れやすくなります。

首が少し前傾になっていて、視線は下方向である状態を長く続けていると、肌のシワやたるみを引き起こしやすくなるため注意が必要です。

さらに、スマートフォンから放出されるブルーライトを浴びることによって、夜の寝つきが悪くなるなど、睡眠に影響を及ぼすことがあります。

睡眠は健康的な肌を作り出すために欠かせないため、夜寝る前にスマートフォンを見てしまうという人は注意しましょう。

間違ったスキンケア

肌質は年齢によって変化していきますが、その変化に気づかずに同じケアを継続しているとスキンケアの効果があまり発揮されません。

乾燥肌であるのに保湿成分が豊富に含まれていないスキンケアグッズを使用するなど、スキンケア方法が間違っている可能性がないか、一度自分のケア方法を見直してみましょう。

さらに、メーカーによって推奨されている規定量や頻度を守ることも大切です。

すぐに消耗してしまうからといった理由で、少量でケアを行うと十分な効果を得られません。

肌年齢を下げる方法とは

肌年齢を下げるにはどのような対策を行えばいいのでしょうか?

紫外線対策

紫外線は肌年齢を引き上げる大きな要因です。

紫外線によるダメージを受けないように、日焼け止めクリームを塗ってしっかり対策を行いましょう。

屋外に滞在する時間が長い場合は、日焼け止めを何度か塗り直すなどして工夫することが大切です。

他にもロングスリーブの服や、アームカバー、帽子、サングラスなどのアイテムを使用して、直射日光を受けないようにしましょう。

睡眠

人間の身体は睡眠している最中に成長ホルモンが分泌される仕組みになっています。

睡眠時間が不足していたり、良質な睡眠が確保できていなかったりする場合、十分な成長ホルモンが分泌されずに、健康的な肌を生成するのが難しくなってしまうのです。

就寝前にスマートフォンやパソコンを触るのも避けることをおすすめします。

ブルーライトを浴びることで睡眠の質が落ちてしまう可能性があるためです。

スキンケア

肌質の変化にあわせてスキンケア方法を見直す必要があります。

自分の肌の悩み、状態、改善するべきポイントをしっかり見極めて、改善を目指せるようなスキンケアグッズ選びを行いましょう。

中でも美容液は美容成分が豊富に含まれているスキンケアグッズです。

保湿、ダメージ修復など目的に合った美容液をスキンケアに取り入れることで、効率的にケアを行うことができます。

「スキンケアを続けていてもなかなか改善されない」という方は美容液をケアの一環として取り入れてみましょう。

マッサージ

すでに肌にたるみやシワが生じている場合、マッサージをしてケアを行うことをおすすめします。

美容オイルやジェルなどを使用して、肌を優しくマッサージしていきましょう。

入浴後など血行が促進されているタイミングで行うのがおすすめです。

老廃物が排出されやすくなり、フェイスラインの引き締めやむくみ改善が期待できます。

美顔器

ワンランク上のケアをしたいという方は、美顔器の使用をおすすめします。

他のスキンケアグッズと比べると少し高価になりますが、その分高い効果を得ることができます。

美顔器は様々な機能があるため、自身の悩みに合った美顔器を購入すると良いでしょう。

まとめ

今回の記事では「肌年齢の測定基準とは?」「肌年齢を引き上げる原因とは?」と疑問をお持ちの方に向けて、肌年齢について詳しく説明しました。

肌年齢は水分量、油分量、メラニン量、弾力やハリによって判断されています。

加齢の他に、紫外線や乾燥によるダメージで肌年齢が引き上がる可能性があるため注意が必要です。

肌年齢は紫外線対策や生活習慣の見直し、スキンケアの徹底などによって改善が期待できます。

「肌年齢が実年齢よりも高く表示されてしまった」という方は、これを機に肌質の改善を目指しましょう。




カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

イベント

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

商品開発部

最高のビタミンC美容液開発部

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物