美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


目の下のたるみを生み出す「NG習慣」と「改善エクササイズ」

TOP > 目の下のたるみを生み出す「NG習慣」と「改善エクササイズ」

たるみケア スキンケア

目の下のたるみを生み出す「NG習慣」と「改善エクササイズ」

目の下がたるんでいると、どんなに他のパーツが若々しくても老けて見えてしまいます。
しかも、目の下のたるみはメイクでも隠しにくいという難点があります。
そもそも、なぜ目の下がたるんでしまうのか、その原因となるNG習慣を、目のたるみを改善するエクササイズと共に詳しくご紹介します。

目の下のたるみを引き起こす原因とNG習慣

目の下のたるみを引き起こす原因とNG習慣

≪老化≫
目の下がたるむ一番の原因が老化です。
目の周りにある眼輪筋が衰えたり、加齢によってコラーゲンなどが減少すると、目の下がたるんできてしまいます。
目の疲れをそのままにしている人、紫外線を無防備に浴びている人は目の周りが老化しやすく、たるみやすいといえるでしょう。

≪刺激≫
目の周りはとてもデリケートな組織でできています。
そのため、目の周りに強い刺激を加えると、皮膚の脂肪が飛び出してたるみが出来てしまうことがあります。
目を強くこすったり、目周りのマッサージを乱暴にやっている人は注意が必要です。

≪むくみ≫
顔にむくみが生じると目の下がふくらみ、たるんで見えることがあります。
むくみが解消されれば目立たなくなりますが、頻繁にむくんでいると皮膚が伸びて実際にたるんでしまいます。
顔のむくみは塩分の摂り過ぎや睡眠不足で引き起こされるので、生活習慣を見直すことが大切です。

目の下のたるみを改善する簡単エクササイズ

目の下のたるみを改善するには、眼輪筋を鍛えるエクササイズが効果的です。
皮膚や脂肪を支える眼輪筋を発達させることによって、たるみにくい目もとにすることができます。
さらに血行が良くなるため、むくみやクマが気になる時にもオススメですよ。
では、エクササイズの方法を詳しく見ていきましょう。

≪1.目を細めるエクササイズ≫
1 鏡を見ながら、眩しい光を見る時のように目を細めます。
下のまぶたを黒目の中心に引き寄せるようなイメージで行うと効果的です。
※眉間や目周りにシワが寄らないように注意しましょう。
2 上記の動きを10秒1セットとして、3~5セットくり返します。

≪2.目の開け閉じエクササイズ≫
1 目をギュッと閉じて5秒間キープします。
2 目を大きく見開いて5秒間キープします。
3 1と2を交互に行い、目を見開くたびに正面→上→下→右→左を順番に見ましょう。
4 上記の動きを1セットとして、2セットくり返します。

≪3.目を回すエクササイズ≫
1 目を大きく見開いて、横8の字(∞)を描くように黒目をぐるぐると動かします。
2 右回りに5回、左回りに5回行いましょう。

メイクで隠しにくいたるみを予防することが、若々しい見た目をキープするためのコツ。
目の下のたるみ予備軍に当てはまっていた方、ぜひ試してみてくださいね。



この記事をシェアする!

カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

角質ケア

食品・飲み物