» きめ細かい肌の作り方!透明感のある肌を目指そう | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


きめ細かい肌の作り方!透明感のある肌を目指そう

TOP > きめ細かい肌の作り方!透明感のある肌を目指そう

スキンケア

きめ細かい 肌

「きめ細かい肌とはどのような肌質のこと?」、「きめ細かい肌を作るにはどうすればいい?」と疑問をお持ちの方に向けて、きめ細かい肌について解説します。

きめ細かい肌を目指すには、肌のきめが崩れてしまう原因についてしっかりと理解した上でケアを行うことが大切です。

洗顔・クレンジングや、食事、マッサージなど、肌質改善に効果的なケア方法を紹介しますので、肌触りが滑らかな肌を目指したい方はぜひ参考にしてみてください。

きめ細かい肌とは?

きめ細かい肌とは肌表面に刻み込まれた細かな凹凸が規則正しく整っていて、弾力やツヤを兼ね備えた肌を意味します。

私たちの肌は溝である皮溝と、ふっくらと盛り上がった皮丘で構成されていますが、「皮溝の間隔が狭く、毛穴が目立たない肌」がきめ細かい肌と言えるでしょう。

しっかりときめが整った肌は肌触りが滑らかで、くすみがなく透明感があります。

肌は人の印象を左右する重要なパーツであるため、肌触りが悪く、きめが崩れていると感じている方はケアを徹底することが大切です。

きめが粗い肌

きめが粗い肌とは皮溝と皮丘の並びが乱れていて、肌触りがザラザラとしている状態を指します。

凹凸が乱れているため、肌に影ができやすくなり、くすみが生じてしまうのです。

きめが崩れていると水分が損なわれやすくなり、肌が乾燥してしまいます。

ザラザラとしているので化粧のノリが悪くなり、ファンデーションが浮きやすくなるので、「メイクのノリが悪い」と感じている人は肌質の改善が必要です。

顔が疲れて見えたり、実年齢より老けて見られたりすることも多くなってしまいます。

肌のきめが崩れる原因とは?

肌のきめが乱れてしまう原因には何が考えられるでしょうか?

スクラブ入り洗顔

スクラブ入り洗顔とは細かい粒子を含んだ洗顔料のことで、角質や皮脂などの汚れを取り除いてくれます。

塩や砂糖など、洗顔料によって使用されている粒子が異なりますが、スクラブ入り洗顔料を頻繁に使用したり、肌質に合わないものを使用し続けたりすると、肌のきめが崩れる原因となるので注意が必要です。

特に敏感肌の人はスクラブ入り洗顔を行うときは慎重になる必要になります。

肌トラブルを引き起こす可能性があるだけでなく、健康的な肌を保つのに必要な角質まで取り除かれてしまうからです。

スクラブ入り洗顔を使用する場合は、使用頻度や使用方法をしっかりと守って行いましょう。

クレンジング・洗顔

クレンジングや洗顔料は肌質に合った製品を使用していますか?

洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料は、肌の潤いを保つのに必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

皮脂が不足している肌は、細胞が潤いを補おうとして過度に皮脂が分泌されたり、乾燥によって肌トラブルを引き起こしてしまったりするため、注意が必要です。

クレンジングや洗顔を行った後につっぱり感があるという人は、洗顔料やクレンジング剤が合っていない可能性があります。

過剰な角質ケア・毛穴ケア

角質ケアや毛穴ケアとしてピーリングや、毛穴パックが挙げられますが、角質ケアや毛穴ケアを頻繁に行いすぎると、肌のきめが崩れてしまいます。

「ピーリングや毛穴パックを行ってもなかなか効果を実感できない」「ケア後に肌のざらつきが増した気がする」という人は、ピーリングや毛穴パックなどのケアが向いていない可能性が高いです。

角質ケアや毛穴ケアを行う際は肌の状態を悪化させないために、慎重になる必要があります。

肌に合わないと感じた場合はすぐに使用をやめて、肌が荒れてしまった場合は皮膚科に相談するようにしましょう。

マッサージのやりすぎ

マッサージは肌のたるみやしわを改善するだけでなく、血行を促進してターンオーバーを促します。

一方で、マッサージを過度に行ってしまうと肌のきめが崩れてしまうことがあるので注意しましょう。

特に美容液やジェルなどを使用せずにマッサージをしてしまうと、肌に多大なダメージが加わってしまいます。
マッサージを行う場合は正しい方法で行うことが大切です。

きめの細かい肌の作り方

きめ細かい肌を目指すにはどのようなケアを行えばいいのでしょうか?

洗顔・クレンジング

洗顔料やクレンジング剤を選ぶ際は、肌に優しい製品を使用することをおすすめします。

刺激の強い成分を含む製品は肌の状態を悪化させてしまう可能性があるためです。

洗顔やクレンジングを行う際は、肌を傷つけないように優しく触れるようにしてください。

熱湯ではなく、ぬるま湯を使用して、タオルで顔を拭くときはゴシゴシと擦るのではなく、タオルを顔に置くようにして優しく水分を吸収させましょう。

食事バランス

食事は肌の状態を整えるのに非常に重要な習慣です。

バランスの整った食事をすることで、健康的な肌を作り出すことができます。

肌のターンオーバーを正常化させるビタミンや、肌に潤いを与えるミネラル、健康的な肌を作るのに欠かせないタンパク質をバランス良く摂取しましょう。

「外食が多くて栄養バランスが不安」という方は、サプリメントなども上手く活用することをおすすめします。

保湿ケア

保湿はきめ細かい肌を作るための基本的なケアです。

朝メイクをする前と、夜お風呂から上がった後に保湿ケアを行いましょう。

特に肌が乾燥しやすい人は、セラミドヒアルロン酸などを含む保湿効果の高いスキンケアグッズを選ぶことをおすすめします。

化粧水で肌の状態を整えた後、美容液で気になる箇所を集中的にケアしてください。

最後に乳液で保湿成分が飛んでいかないように蓋を閉じましょう。

スキンケアを行う順番も大切なので、しっかりと製品の使用手順を読んでケアを行うようにしてください。

マッサージ

過度なマッサージは肌のきめを崩す原因となりますが、正しい方法でマッサージをすれば効果を得られます。
マッサージを行う際は、ジェルや美容液を絶対に使用するようにしてください。

肌は私たちの想像以上にデリケートで、ちょっとした刺激でも傷ついてしまいます。

肌を傷つけないように優しくマッサージしましょう。

血行が促進されて、肌のターンオーバーが正常に機能するようになります。

紫外線対策

紫外線は肌に多大なダメージを与える要因です。

外出する際は日焼け止めクリームをしっかりと塗布して、紫外線対策を徹底しましょう。

「日焼け止めクリームをいつも塗り忘れてしまう」、「スポーツを屋外で行っている」という人は特に注意が必要です。

紫外線は季節や天気を問わず年中放出されているため、サングラスや帽子、日傘などのアイテムも組み合わせて、直射日光を避けましょう。

適度な運動

ジョギングやウォーキングなどの適度な運動は、血液やリンパの流れを促す効果があります。

血液やリンパが滞っていると、きめ細かい肌を作るのに必要な栄養素が全身に行き届きません。

さらに、適度な運動はストレス発散にもつながります。

ストレス過多はターンオーバーの周期を乱し、肌の状態を悪化させる恐れがあるため、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

美顔器

美顔器は家で手軽に本格的なケアを行えるアイテムとして高い人気を集めています。

美顔器の持つ機能には、EMS、超音波、コアパルス、LEDトリートメント、イオン導出入などが挙げられますが、肌のきめが崩れる原因を改善する機能を持つ美顔器を選ぶことが大切です。

例えば、肌のハリが不足していると感じている人は、超音波の搭載されている美顔器をおすすめします。

超音波は肌の深層部をじんわりと温めて、コラーゲンの生成を促進する機能です。

さらに、コアパルスは美容成分の浸透をサポートする機能で、保湿効果を高めます。

きめの細かい肌を作るには美容液がおすすめ

きめ細かい肌を作るのに美容液は非常に効果的です。

美容液とは美容成分が豊富に含まれたアイテムで、気になる肌の悩みを集中的にケアできます。

美容液によって含有している成分は異なるため、保湿効果が高いのか、エイジングケアができるのかなど、美容液の特徴をしっかりと理解して使用することが大切です。

効果を得るためには継続して使用する必要があるため、テクスチャや香りなども選ぶときのポイントにしましょう。

まとめ

今回の記事では「きめ細かい肌とはどのような肌のこと?」、「肌質を改善するにはどうすればいい?」と疑問をお持ちの方に向けて、きめ細かい肌について解説しました。

きめ細かい肌とは皮溝と皮丘がきちんと並んでおり、肌触りが滑らかな肌を指します。

肌のきめが粗いと肌触りがザラザラとし、くすみや肌荒れが見られやすくなるため注意が必要です。

クレンジングや洗顔で必要な皮脂まで取り除いてしまったり、過度な毛穴ケアや角質ケアを行ったりすることで、肌のきめは崩れてしまいます。

肌の状態が悪化してしまう原因をしっかりと理解して、改善を目指すことが大切です。

きめ細かい肌を作るには洗顔クレンジングを正しく行い、保湿マッサージでケアを行っていく必要があります。

また、美顔器はきめ細かい肌を作るのに、効果的なアイテムアイテムです。

美顔器は様々な機能がありますが、そのなかでも超音波機能が搭載せれている美顔器は、コラーゲンの生成が促進化されるという効果があるため、おすすめです。

これらのスキンケアを習慣づけて、きめ細かい肌を目指しましょう。




カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

イベント

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

商品開発部

最高のビタミンC美容液開発部

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物