» 万能美肌成分ビタミンCがおすすめの理由と種類を紹介 | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


万能美肌成分ビタミンCがおすすめの理由と種類を紹介

TOP > 万能美肌成分ビタミンCがおすすめの理由と種類を紹介

UVケア スキンケア 毛穴ケア

e-colum15_01
みなさんはどんな美容成分が含まれた化粧品を使っていますか?

シミ、しわ、たるみ、毛穴…などさまざまな肌悩みが尽きませんよね。

とくに年齢が上がれば上がるほど、その悩みは1つだけでなく2つ3つと増えていくのではないでしょうか?

「シミには○○がいい!」「たるみには○○がいい!」などと聞くと、どの美容成分も取り入れたくなってしまいますよね。

でも毎日のお手入れにたくさんの美容成分を取り入れるのは難しいですよね。

もし「どんな美容成分を選んだらいいのかしら?」と迷ったら、ビタミンCがおすすめ!

ビタミンCというと毛穴やシミに効果的というイメージが多いと思いますが、実は肌の万能美容成分と言われているのです。

■INDEX■
1.ビタミンCの働きとは?
2.どんなビタミンCを選べばいいのか?
3.ビタミンCを肌に浸透しやすくしてくれる美顔器

ビタミンCの働きとは?

e-colum15_02
ビタミンCの肌への働きは主に5つあります。

①メラニンの生成を抑制する

 紫外線を浴びるとメラニンが大量に作られそれが肌に蓄積することでシミとなって現れます。

 ビタミンCにはこのメラニンが作られる際に必要なチロシナーゼという酵素の活性化を抑えることで過剰なメラニンの生成を防いでくれます。

②メラニンを無色化する

 もともとメラニンは無色なのですが、紫外線を浴びることで黒褐色化してシミの原因となります。

 ビタミンCはこの黒褐色化してしまったメラニンを無色化する還元作用があります。

③コラーゲンの生成を促進する

 コラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解され吸収されます。

そしてコラーゲンとして再合成される際に必要な成分の一つがビタミンCなのです。

④活性酸素を除去して酸化を防ぐ

 肌は紫外線を浴びると活性酸素が増え、コラーゲン線維にダメージを与えシワ・たるみなど老化の原因となります。

また毛穴に詰まった黒ずみは皮脂の酸化が原因のためビタミンCの抗酸化作用が効果的なのです。

⑤皮脂バランスを整える

 ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑制し、肌の皮脂バランスを整えてくれます。

どんなビタミンCを選べばいいのか?

e-colum15_03
ビタミンCはそのままでは成分が不安定で壊れやすく肌に浸透しにくいのですが、それを人工的に改良して安定性を高め、肌へ浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体というのは正式な成分名ではなく複数成分から成り立つ化合物の総称です。

そのため化粧品の全成分表示に「ビタミンC誘導体」とは書かれていません。
※具体的な表示名称は後ほど紹介します。

成分名は少し長くて難しいため覚えにくいですが、化粧品を選ぶときはビタミンC誘導体が入っているかぜひチェックしてみてください。

またビタミンC誘導体は「水溶性」「油溶性(脂溶性)」の2種類があります。

最近では水溶性と油溶性のどちらにも分類されない新型というものも登場しています。

●水溶性ビタミンC誘導体の特徴

吸収が良いため即効性が高いのが特長。ただ高濃度のものだと肌に刺激を感じたり、乾燥しやすくなるという欠点があります。

水との親和性が高いので、化粧水や美容液などに配合されます。

(成分名…リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNa、アスコルビル酸グルコシド、アスコルビル酸エチル等)

●油溶性ビタミンC誘導体の特徴

高濃度でも刺激が少なく、安定性にも優れています。ただ水溶性ビタミンC誘導体に比べると皮膚への浸透に時間がかかるため即効性には欠けます。

油分との親和性が高いので、クリームやジェルなどに配合されます。

(成分名…テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ジパルミチン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル等)

●新型ビタミンC誘導体の特徴

最近では、水溶性にも油溶性にも分類されない新型のビタミンC誘導体も登場しています。

新型のビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の両方のメリットを持つ魅力的なものではあります。

(成分名…3-O-エチルアスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、イソステアリルアスコルビスリン酸2Na等)

ビタミンCを肌に浸透しやすくしてくれる美顔器

ビタミンC誘導体の浸透をさらに高めてくれるのが美顔器です。

イオン導入と呼ばれる機能がついている美顔器でケアをしましょう。

肌にはもともと外的刺激から肌を守るためのバリア機能がありますが、これが美容成分の浸透を妨げていることもあります。

するといくら有効な美容成分が含まれた化粧品をたくさん塗っても、肌の奥までは届かず表面に留まっていることになります。

イオン導入とは微弱電流を流すことで、美容成分を浸透しやすくしてくれるというもの。

ビタミンC誘導体はマイナスの電気を帯びているため、ビタミンC誘導体を塗った肌の上から美顔器でイオン導入を行うことで、
美顔器から出るがマイナスの電気と反発の力が生まれ肌の奥まで届くという仕組み。

ビタミンC誘導体を美顔器で導入した場合、手で塗布した場合と比べて4倍~30倍浸透するというデータもあるのです。

※ちなみにイオン導入はどんな美容成分でも浸透するというわけではありません。

イオン導入はイオン化しているものにだけ有効で、帯電性がないセラミドや、分子の大きいコラーゲンやヒアルロン酸などは浸透しにくいのです。

ビタミンC誘導体と美顔器(イオン導入)の相性はバッチリ!

肌の万能美容成分ビタミンCの効果をより実感したいなら美顔器を使うことがおすすめです。



この記事をシェアする!

カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物