美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


プラセンタってなに? プラセンタエキスの選び方

TOP > プラセンタってなに? プラセンタエキスの選び方

インナーケア エイジングケア サプリメント

プラセンタってなに? プラセンタエキスの選び方

美容効果が高いことで有名な「プラセンタ」。
しかし、一口に「プラセンタ」といってもいったいなにがよいのかご存知ですか?

そこで、「プラセンタ」を初めて手にする方に向けて、「プラセンタ」の種類や選び方について詳しく解説いたします。

プラセンタとは?

「プラセンタ」とは「胎盤」のことです。
たった1個の受精卵を出産まで育てるための器官で、胎児の成長に必要な栄養素をたっぷり含んでいます。

では、いったい「プラセンタ」にはどんな成分がふくまれているのでしょうか?
たんぱく質のもととなる「アミノ酸」や、美肌・健康に欠かせない「ビタミン」「ミネラル」も豊富に含んでいます。
そのほかにも、成長因子も含まれています。

このように栄養の宝庫といっても過言ではない「プラセンタ」から抽出したのが「プラセンタエキス」です。

プラセンタエキスの種類

一般的に使用できる「プラセンタエキス」にはいくつかの種類があり、馬の胎盤から抽出される馬プラセンタの他に、豚・羊・人のプラセンタが存在します。
しかし人の胎盤から抽出するヒトプラセンタは医療機関でしか利用できません。

また、羊プラセンタは日本での使用が制限されており、手軽に手に入れることは現状では難しい状態です。
そのため、私たちの身近にあるプラセンタは、馬由来か豚由来のどちらかになります。

馬は豚に比べて妊娠期間が長く、一回の出産で1頭しか生まないため、馬のプラセンタエキスは豚のそれに比べて栄養価が高いと言われることがあります。

また、馬の「プラセンタエキス」の方がその希少性から、一般的に高価なものが多く販売されています。
しかし、豚でも栄養価が高いものもあるため、価格で選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

しかし、馬や豚か、ということよりも商品を選ぶ際に注目したい点があります。

プラセンタ商品を購入する際に気をつけたいポイント

プラセンタ商品を購入する際に気をつけたいポイント

「プラセンタエキス」配合の商品を選ぶ際は、どれだけの濃度の「プラセンタエキス」が配合されているかをチェックすることも重要です。
「プラセンタエキス」と表示する際には特に決まりがないため、濃度が低かったり、配合量が少なかったりしても「プラセンタエキス」と表示されてしまいます。

さらに、食品や化粧品に使われているプラセンタには、エキス・純末・原末・粉末などの種類があり、原材料表示には「プラセンタエキス」「プラセンタエキス末」「プラセンタエキス純末」「プラセンタエキス原末」など様々な記載が見られ、いったいどれがいいのかたいへんわかりづらい状況です。

これをわかりやすくするために(公財)日本健康栄養食品協会が“純末”なるもの定義しました。
“純末”は、抽出した「プラセンタエキス」から水分を乾燥させて粉末状にしたもので、「プラセンタ」以外の余計なものを一切含みません。
よって「純末」と記載があるものだけが純粋な「プラセンタエキス」と言えます。

商品を選ぶ際には、まず配合量よりも先に、“純末”と記載があるかをご確認ください。
記載があった場合にどのくらい配合されているか(濃度がどれくらいか)をぜひチェックして、比較してみてください。

いかがでしたか?
「プラセンタエキス」の購入の際のポイントをご紹介いたしました。
女性に嬉しい効果のある「プラセンタエキス」、その他の成分にごまかされない高品質の商品で、しっかりと効果を実感してみてくださいね。



この記事をシェアする!

カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物