» シミを予防する方法を徹底解説!透明感のある肌を目指すには? | 美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


シミを予防する方法を徹底解説!透明感のある肌を目指すには?

TOP > シミを予防する方法を徹底解説!透明感のある肌を目指すには?

スキンケア

シミを予防する方法を徹底解説
「シミを予防するにはどうすればいいの?」、「シミが目立つ原因とは?」と疑問をお持ちの方に向けて、シミを予防する方法を紹介します。

シミは紫外線によるダメージや、不規則な生活習慣などによって悪化する老化現象の一種です。

紫外線対策や、健康的な生活習慣を心がけることで、シミを予防することができます。

自分に合った対策方法を考えて、シミの改善を目指しましょう。

シミ予防して透明感のある肌を目指そう

「顔のシミが目立つのが悩み」、「シミがあると顔が老けて見える」という人は多くいるのではないでしょうか?

特に、メイクでカバーできないほどの濃いシミは、気になってしまうでしょう。

紫外線によるダメージや、生活習慣の乱れが原因で、シミが生成されることがありますが、30~40代になるとシミができやすくなるため、多くの方が悩んでいる老化現象です。

シミができないように予防を行うことで、透明感のある肌を目指すことができます。

そもそもシミとは?

そもそもシミの正体は何でしょうか?シミは、メラノサイトで生成されるメラニン色素が沈着したものを指します。

一般的にシミといえば、「日光黒子」のことをイメージする人が多いです。

日光黒子は「老人性色素斑」とも呼ばれ、加齢によってできるシミはこの種類に該当します。

他にも、「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれる「そばかす」や、「炎症性色素沈着」、「肝斑(かんぱん)」などがシミの種類として挙げられます。

それぞれのシミの特徴や形成される原因は異なりますが、シミの状態を悪化させる原因は共通しています。

それでは、どうしてシミが目立ちやすくなるのでしょうか?

シミが目立つ原因

シミが目立ってしまう原因を紹介します。

紫外線によるダメージ

紫外線によって肌がダメージを受けると、色素細胞のメラノサイトが刺激を受けて、メラニンの生成が促進されます

一般的に、シミはメラニン色素が沈着したものです。細胞内で生成されたメラニンは、肌のターンオーバーによって排出されます。

しかし、過剰にメラニンが分泌されてしまうと、ターンオーバーで処理しきれずに、シミとして肌に表出してしまうのです。

特に「スポーツなどで屋外にいる時間が長い」、「アウトドアが趣味」など、紫外線を多く浴びている人は注意が必要です。

不規則な生活習慣

不規則な生活習慣はシミを悪化させる原因です。睡眠時間が不足していると、健康的な肌の生成に必要な成長ホルモンが十分に分泌されません。

また、食事でメラニンの生成を抑制する栄養素を摂取できていないと、なかなかシミが改善されないため、栄養バランスの整った食生活を心がける必要があります。

さらに、適度な運動は血行を促進するため、必要な栄養素や水分を細胞に行き渡らせるのに効果的です。

アルコールの過剰摂取やタバコは、このような働きを抑制する可能性があるため、シミができやすくなってしまいます。

ストレスによるターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは新しい皮膚を作り出すサイクルのことを指します。ストレスは肌のターンオーバーを乱してしまう原因です。

人間の体がストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると、過剰に分泌されたメラニンが排出されずに細胞内に残ってしまうため、仕事や学校など、ストレスを感じやすい環境にいる人は注意しましょう。

ストレスを溜め込まないように、趣味や運動などでストレスケアを行うことが大切です。

間違ったスキンケア

スキンケア方法が間違っていると、シミが濃くなってしまう恐れがあります。

基本的に化粧水や乳液を肌に塗布する際、力を込めて擦ったり、パッティングしたりすると、肌が傷ついてしまうため、注意が必要です。

紫外線以外にも、肌は物理的なダメージを受けると、メラノサイトが刺激されて、メラニン色素が過剰に生成されます。

一度自分のスキンケア方法を見直してみましょう。過度なマッサージなども刺激を与えてしまうため、気をつける必要があります。

シミを予防する方法

シミを予防する方法を紹介します。

紫外線対策

シミ予防の基本は「紫外線対策」を行うことです。日焼け止めクリームを塗って、肌を紫外線から守りましょう。

長袖、サングラス、帽子などのアイテムも取り入れて、直射日光を避けるようにしてください。

特に屋外に滞在する時間が長い場合、日焼け止めクリームの効果を持続させるために、クリームを塗り直すことが大切です。

プールや海などの水辺に行く場合、ウォータープルーフタイプの日焼け止めクリームを選ぶと良いでしょう。

睡眠

肌が新しく生まれ変わるターンオーバーは就寝中に行われます。

そのため、睡眠時間が不足していると、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、メラニン色素が上手く排出されません

寝不足が続くと、古くなった角質が残ったり、肌トラブルが起きやすくなったりする可能性があります。

また、22時から深夜2時までは成長ホルモンが分泌されやすい時間帯です。

健康的な肌を作り出すためにも、夜更かしをせずに睡眠時間を確保するようにしましょう。

適度な運動

運動は血行を促進するのに効果的です。ジョギングやウォーキングを生活に取り入れて、血液の流れをよくしましょう。

血行が促進されると、細胞の生成に必要な栄養素や水分が体中に行き渡ります。ターンオーバーを正常に機能させるためにも、適度な運動を取り入れましょう。

特に冷え性など、血行が悪い人は、血液の流れを良くするために対策が必要です。また、発汗によって角質が柔らかくなり、ターンオーバーを促進することができます。

食生活

食事で必要な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。シミを予防するのに効果的な栄養素を紹介します。

ビタミンC

ビタミンCはシミを改善する代表的な栄養素です。そのため、ビタミンCが含まれた美容アイテムが数多く販売されています。

メラニンの生成を抑制する働きだけでなく、すでにあるシミを改善するのにも効果的です。

ビタミンCはピーマンや、ブロッコリー、キウイフルーツ、いちご、キャベツ、レモンなどの食材に多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンAは「レチノール」とも呼ばれる栄養素の一種です。レチノールにはターンオーバーを正常化する働きがあり、メラニンの排出を促進することができます。

他にもニキビや、しわなどの肌の悩みに効果的です。ビタミンAは、レバー、バター、卵黄、うなぎ、ニンジン、モロヘイヤなどの食材に多く含まれています。

1日の摂取量をしっかりと守って、食事に取り入れましょう。

ビタミンE

ビタミンEは「トコフェロール」と呼ばれる栄養素です。ビタミンEはシミを改善する働きのあるビタミンCの機能をサポートする効果があります。

さらに、活性酸素の作用を抑制する働きがあるため、アンチエイジングケアにもおすすめの栄養素です。

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類、植物油、うなぎ、アボカド、かぼちゃなどの食材に含まれます。

L-システイン

L-システインは代謝を促進する働きを持ちます。ターンオーバーを正常化させるだけでなく、抗酸化作用が期待できる栄養素です。

そのため、シミの改善に非常に効果があります。大豆や、オートミール、羊肉、牛肉、鮭、卵などの食材に多く含まれている成分です。

シミだけでなく、髪の毛のターンオーバーも促進するため、育毛にも効果があり、注目を集めています。

医療機関に相談

生活習慣や、紫外線対策を徹底しても、シミがなかなか改善されない場合、医療機関に相談することをおすすめします。

シミの症状に併せて、塗り薬や内服薬を処方してもらいましょう。また、美容クリニックではケミカルピーリングやレーザー治療などでシミを除去することができます。

専門スタッフからケアに関するアドバイスも受けられるので、自分で改善が難しそうな人は専門機関を頼りましょう。

美容液

美容液はシミの改善に効果的な美容成分が豊富に含まれたアイテムです。

そのため、集中的なケアを行うのにおすすめします。特に、ビタミンCが多く含有される美容液は美白効果が高いです。

美容液を選ぶ際は、「シミ改善」、「シミ予防」などの記載があるアイテムを選ぶようにしましょう。

美顔器

美顔器は家で本格的なケアを行えるアイテムとして高い人気を集めています。

肌の深層部まで美容成分を行き渡らせる働きのある「イオン導入」や、古い角質を取り除く「ピーリング」、コラーゲンの生成を促す「LED美顔器」などの機能がシミに効果的です。

美顔器には様々な機能があるため、シミの改善に役立つ商品を選ぶようにしてください。

美顔器と併せて美白効果のあるジェルを使用することで、効果を最大化することができます。

まとめ

今回の記事では、「シミを予防するにはどうすればいいの?」「どうしてシミが目立つようになるの?」と疑問をお持ちの方に向けて、シミを予防する方法を紹介しました。

シミは、メラノサイトで生成されるメラニン色素が沈着したものです。

紫外線によるダメージや、不規則な生活習慣、ストレスによるターンオーバーの乱れなど、シミの状態が悪化する原因は様々あります。

まずは原因をしっかりと理解して、シミ予防のケアを行うようにしましょう。

睡眠や食事、運動など生活習慣を見直すことが大切です。さらに、美容液や美顔器でのケアを併せて行うことで、より高い効果が得られます。

自分に合ったシミ予防の方法を見つけて、日々のケアに取り入れましょう。




カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

イベント

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

商品開発部

最高のビタミンC美容液開発部

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

美顔器ジェル開発

角質ケア

食品・飲み物