美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


目から入る紫外線がシミの原因に!? 「目」の紫外線対策とは

TOP > 目から入る紫外線がシミの原因に!? 「目」の紫外線対策とは

インナーケア スキンケア

目から入る紫外線がシミの原因に!? 「目」の紫外線対策とは

シミやシワ、乾燥や老化の主な原因である「紫外線」によるダメージ。
日頃からUVケアをしっかり行い紫外線対策をしている女性は多いものの、「目」の紫外線対策まで意識しているという方はあまり多くありません。

しかし実は目から入り込んだ紫外線は肌にも影響し、皮膚の老化や乾燥を引き起こす原因になってしまうのです。
肌の健康や美しさを守るために、目の紫外線ケアは必要不可欠な要素です。

目から入った紫外線が肌に影響を与えてしまう理由や、紫外線対策の方法について紹介していきます。

目から入った紫外線が肌へ影響を与える理由とは

紫外線が目から入ると、脳は異常を感じてメラニンを多く分泌させてしまいます。
メラニンは肌のくすみや色素沈着を引き起こす大きな原因になってしまうため、シミの発生や悪化を助長してしまうのです。

さらに、強い紫外線により目がダメージを受けると瞳が乾燥してかゆみを感じたり、目が充血してしまったりすることもあります。
目にゴミが入ったわけではないのに目のゴロゴロや充血・かゆみを感じるという時は、目が紫外線により大きくダメージを受けているサインかもしれません。

目をこすってしまうとよりダメージが深刻化し、「メラニン」が蓄積されてしまいますし、眼病の原因になってしまうこともあるため、冷やすなどの別の方法で対処しましょう。
目の健康を守るためには過度な刺激を与えないよう注意し、早めに紫外線ケアを行っていくことが大切です。

目の紫外線対策は?

目の紫外線対策は?

日焼け止めなどが塗れない目の紫外線対策は、サングラスや日傘、ツバの大きな帽子などで行うのが基本です。

サングラスを利用する際は、UVカット加工が施されたなるべく大きいものを選ぶのがベター。
目を広く覆うような形のサングラスなら、壁や地面の反射による紫外線の入り込みも防ぐことができます。

UVカットが施されたサングラスなら、クリアタイプのものでももちろんOK。
毎日メガネを着用する方なら、レンズをUVカットのものに変えておくと良いですね。

サングラスの着用に抵抗がある方は、日傘やツバの大きな帽子を使って紫外線対策を行うのがオススメ。
これらのアイテムは目の保護にもなりますし、肌の紫外線対策としても効果的です。

晴天の日に長時間空を見上げすぎてしまうなどの行為は、目に対しての負担がとても強いもの。
眩しいと感じたら目を細めたり日陰に移動したりして、紫外線によるダメージを軽減していきましょう。

目はダメージを受けてしまっても、化粧水や美容液などを利用したケアを行うことができない部分です。
目のダメージをケアするためには、抗酸化力を持った「ルテイン」や、ルテインと共に働く「ゼアキサンチン」などを摂取することが大切です。
ルテインが豊富なほうれん草などの緑黄色野菜や、ゼアキサンチンが豊富なパプリカやマンゴー、鶏卵などを食事に取り入れて、瞳の健康を守っていきましょう。



この記事をシェアする!

カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

角質ケア

食品・飲み物