美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド

美顔器の販売ならEBiS(エビス)化粧品。日本製 美顔器と原液美容液の信頼ブランド


頬のシミは肝斑かも? シミの出来る原因とケア方法

TOP > 頬のシミは肝斑かも? シミの出来る原因とケア方法

インナーケア 美白ケア

頬のシミは肝斑かも? シミの出来る原因とケア方法

頬のシミは目立ちやすく、相手に老けて見られてしまいますよね。

その頬のシミ、肝斑というものかもしれません。
同じようなシミでもそれぞれ原因が異なります。

予防するためにはシミの種類とその原因を知ることが大切です。

シミに種類がある?

・老人性色素斑
一般的なシミのことを老人性色素斑とよびます。
原因は肌の摩擦や紫外線、そして肌の老化です。
中年以降になると現れやすくなり、顔だけでなく腕や手、背中などにできやすく、大きさもさまざまです。

・肝斑
目の周りの骨のくぼみに沿ってできるのが肝斑と呼ばれるシミ。
褐色のシミが左右対称に表れるのが特徴です。

主に30~40代の女性に多く、出産後の女性あるいは経口ピルを飲んだ経験のある女性に発生しやすいといわれています。
まだ肝斑として現れていなくても、出産経験・薬の服用経験がある方は、摩擦刺激を頬に与えることで発生すると考えられています。

化粧品は成分まで確認しましょう

特に中身の成分を気にせず「美白化粧品」を使っていませんか?

実は美白化粧品の中にはシミを予防する製品はあっても、薄くする効果が得られない製品が多く存在します。
できてしまったシミを目立たなくするには、濃くなったメラニンを薄くする成分を皮膚の奥まで浸透させなければなりません。
しかし、市販の化粧品には皮膚の奥まで浸透させる目的も薄くする成分も、共に含まれていることは少ないのです。

美白を望む方は、より美容成分の濃い原液などを試してみることもオススメですよ。

どんなケアをすればいいの?

どんなケアをすればいいの?

・摩擦刺激を減らす。
肌に摩擦刺激を与えることは避けましょう。
皮膚が摩擦刺激を受けると、防御反応をお越し、メラニン色素を多く生成します。

そのため、ケアをしながらも肌に何度も触れてしまうことは、シミを発生させる恐れが高まってしまうことになるため要注意です。

・保湿をする
先に述べたように保湿が大切なポイントです。
肌に有効な成分が、肌表面で乾燥してしまっては意味がありません。
しっかりと保湿し肌の奥深くまで浸透させなければならないのです。
そのためにも、ヒアルロン酸や水溶性コラーゲン、セラミドなどが含まれている化粧品でケアすることが大切です。

・紫外線から守る
紫外線はメラニン色素を生成するメラノサイトの活性化が原因になります。
肝斑は皮膚が浅黒い人にできやすいため、肝斑のできやすい人は年間を通して入念な紫外線対策を取ることが重要です。

・トラネキサム酸を摂取する
シミを目立たなくするには、メラニン色素の生成を抑制するトラネキサム酸が有効です。
このトラネキサム酸はアミノ酸の一種であれ、肝斑の改善効果が1979年に報告されて以降、肝斑の治療として使われています。

化粧品にはこの成分が入っているものを選ぶとシミの予防に期待できます。

シミのできやすい人には

女性はシミできやすく、排卵から生理までの2週間と妊娠中にホルモンバランスが影響し、メラニン色素ができやすくなるといわれています。

そのため、シミができやすい時期には入念なケアを行うことが大切です。
しかし保湿ケアは人の手では限界があります。「保湿を行っていたのにシミができてしまった」という方には美顔器がオススメです。

美顔器の発生させる超音波には、柔軟性のある肌へ促す効果があります。
またこの超音波振動は肌の奥まで届くため、美容成分を肌の奥まで浸透させる効果が期待できます。
美顔器はエステに通わず、好きなタイミングでケア出来るため、肝斑ができやすいなど頻繁にシミに悩まされる人には特に良いでしょう。



この記事をシェアする!

カテゴリー一覧

UVケア

たるみケア

むくみケア

インナーケア

エイジングケア

サプリメント

スキンケア

スペシャルケア

ヘアケア

ボディ・ハンドケア

ポイントケア

メイクアップ

保湿ケア

口臭・臭い

毛穴ケア

美容小物

美白ケア

美顔器

角質ケア

食品・飲み物